TBC東北放送

TBC気象台の独自予報

更新:2017/01/20 16:57

今日のお天気コラム

更新
このコラムは、TBC気象台の予報士が毎日更新します

21日明け方にかけて大雪に 21日の日中は次第に天気回復へ

●きょう(20日・大寒)
 朝から昼頃までは晴れましたが、午後になって南部から雪や雨が降り始めました。発達しながら関東の東へ進む低気圧の影響で、あすの明け方にかけては県内の広い範囲で湿った雪が降り、平地でも大雪となるおそれがあります。大雪による交通障害、電線や樹木への着雪に注意してください。

※21日午前6時までに予想される12時間降雪量(多い所)
 【西部】平地 20センチ、山沿い 25センチ
 【東部】平地 15センチ、山沿い 20センチ

●あす(21日)
 大雪のピークは明け方までですが、雪の積もり方によっては朝以降も交通機関に乱れが出るおそれがあります。朝から出かける方は早めに起きて、最新の交通情報を確認するようにしましょう。
 低気圧が日本の東へ遠ざかるとともに、日中は東部を中心に晴れてくるものの、三陸沿岸では昼過ぎにかけて雪や雨が降りやすい見込みです。海上では昼前まで北よりの風が強く、未明からは波が3~4メートルと高くなるため、強風や高波に注意してください。
 最低気温は平年並みか平年よりやや高めですが、朝にかけては路面の凍結に注意が必要です。最高気温は仙台や白石など南部では平年よりやや高い一方、北部では平年よりやや低くなるでしょう。

●灯油価格の上昇が続く 寒さの見通しは?
 今週はじめにかけてやってきた「最強寒波」の影響で、暖房を使う機会が増えた方も多いことでしょう。しかし今月16日現在、県内の配達灯油の平均小売価格は前の週より18円高い1缶(18リットル)あたり1468円と、8週連続で値上がりしました。原油の供給が過剰状態だった去年の同じ時期に比べると243円高くなっています。去年は暖冬傾向で、気温が平年より高い日が多かっただけに、皮肉な傾向となっています。
 気になる今後の寒さですが、来週前半には再び強い寒気が流れ込んでくる予想で、先日の土日ほどではないものの冷え込みが強まりそうです。その後、きのう発表された長期予報の資料をみると、向こう1か月の気温はトータルでは平年並みの確率が高く、この時季らしい寒さの日が多くなるとみられます。暖房を使う時間も長くなりそうですので、早く灯油の高騰傾向がおさまってほしいところですね。

(午後7時50分更新)



▼「人間アメダス」や「おはパチ」に送っていただいた画像・動画は、「ウォッチン!みやぎ」などのテレビ番組やTBC気象台のホームページに限らず、様々な媒体に使わせていただく場合があります。その点をご了解の上、投稿してください。

トピックス

  • ▼TBC気象台は、河北TBCカルチャーセンターで提携講座「気象予報士の四季<初めての方対象>」を開講しています。2017年の日程は1月11日(終了)、2月8日、3月8日の午前10時30分~正午です。受講の申し込みは、河北TBCカルチャーセンターまでどうぞ→河北TBCカルチャーセンターのホームページへ
  • ▼TBC気象台は、仙台市太白区八木山香澄町にあるTBC構内の中庭に気象観測器(愛称「ソラッち」)を設置しました。八木山の気象データをリアルタイムで閲覧することができますので、八木山動物公園や八木山ベニーランドなどへお越しの際は、ぜひご活用ください。データの閲覧はこちらのページからどうぞ→「Yagiyama Weather
  • ▼Twitter「TBC東北放送 防災減災・災害情報」では「Twitterアラート」の機能を活用し、緊急性や重要性の高い気象情報をみなさんにいち早くお伝えします。「TBC東北放送 防災減災・災害情報」のアカウントをフォローした上、アラートを受信するよう設定してご活用ください。
  • ▼天気に関する動画を募集しています。竜巻やゲリラ豪雨などの気象現象を撮影された際は、こちらのページから投稿してください→ TBC気象台 動画募集