TBC東北放送

TBC気象台の独自予報

更新:2018/06/20 16:48

今日のお天気コラム

更新
このコラムは、TBC気象台の予報士が毎日更新します

昼過ぎまで広い範囲で雨に

●きょう(20日)
 梅雨前線が西日本から東日本の太平洋側に停滞する影響で、県内はこの時間、雨が降り出してきました。昼過ぎまでは広い範囲で降り、夜にかけて南部や西部を中心に弱い雨が残る見込みです。
 けさの最低気温は仙台で18.7度、白石で17.7度など、7月上旬から中旬並みでした。しかし、日中はほとんど気温が上がらず、最高気温は高い所でも20度前後にとどまる予想です。

●あす(21日・夏至)
 昼ごろまでは雲が広がりやすいですが、梅雨前線が南下して乾いた空気が流れ込んでくるため、午後は晴れる所が多くなるでしょう。
 最低気温はけさと同じくらいかやや低く、17度前後の所が多い見込みです。最高気温は多くの地点で25度を上回り、夏日になるでしょう。

●「降水短時間予報」が15時間先まで可能に
 活発化している梅雨前線の影響で、西日本の広い範囲と東日本の太平洋側では、あすにかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。
 そうした中、詳細な雨量分布を予測する「降水短時間予報」が、きょう午前11時から15時間先まで延長されます。これまでは6時間先までしか予想できませんでしたが、今回の改善により夕方の時点で翌朝までの雨の予報を確認することができるようになるため、大雨が予想される際は早めの避難に役立ちます

降水短時間予報

 上の図は、去年の台風18号の事例です。9月17日午後5時の時点で、午後11時までの予想しかできませんでしたが、15時間先まで延長されると、18日午前3時に三陸沿岸へかかる強雨域がしっかりと予想できるようになります。
 県内はあす以降、まとまった雨が降ることはしばらくなさそうですが、こうした情報も活用しながら、引き続き大雨に備えていきましょう。

(午前9時更新)



▼「人間アメダス」や「おはパチ」に送っていただいた画像・動画は、「ウォッチン!みやぎ」などのテレビ番組やTBC気象台のホームページに限らず、様々な媒体に使わせていただく場合があります。その点をご了解の上、投稿してください。

トピックス

  • ▼Twitter「TBC東北放送 防災減災・災害情報」では「Twitterアラート」の機能を活用し、緊急性や重要性の高い気象情報をみなさんにいち早くお伝えします。「TBC東北放送 防災減災・災害情報」のアカウントをフォローした上、アラートを受信するよう設定してご活用ください。
  • ▼天気に関する動画を募集しています。竜巻やゲリラ豪雨などの気象現象を撮影された際は、こちらのページから投稿してください→ TBC気象台 動画募集