TBC東北放送

TBC気象台の独自予報

更新:2020/01/20 16:53

今日のお天気コラム

更新
このコラムは、TBC気象台の予報士が毎日更新します

「大寒」ながら3月並みの暖かさ

●きょう(20日 二十四節気・大寒)
 日中は冬型の気圧配置となるため、東部を中心に晴れるでしょう。西寄りの風がやや強く吹き、海上では波がうねりを伴い高くなっているため、夕方まで高波に注意して下さい。夜は気圧の谷の影響で曇り、夜遅くは西部で雪が降り出すでしょう。
 きょうは一年で最も寒さが厳しくなる頃とされる二十四節気の「大寒」ですが、けさの最低気温は仙台で0.6度など、平年より3度前後高い所が多くなりました。最高気温は高い所で10度くらいまで上がり、3月中旬並みの所が多くなるでしょう。

●あす(21日)
 気圧の谷の影響で、明け方にかけてはやや広い範囲で雪が降り、平地でも積もる可能性があります。次第に冬型の気圧配置に変わるため、日中は東部から晴れてきますが、西部の山沿いでは昼前にかけて雪が降り続き、積雪が多くなるかもしれません。
 最低気温は仙台で1度など、けさと同じくらいの所が多いでしょう。最高気温は5度前後までしか上がらず、西寄りの冷たい風がやや強く吹き、この時季らしい寒さとなりそうです。

●暖冬傾向でも路面の凍結には注意
 けさ、白石市の国道113号線で車3台の絡む事故があり、乗っていた3人が軽いけがをしました。事故当時、路面は凍結していたということで、軽ワゴン車がスリップしたものとみられています。また、東北自動車道の古川ICと若柳金成ICの間でもスリップ事故が2件発生し、一時通行止めとなりました。
 けさにかけては寒冷前線が通過したため、雪や雨の降った所があり、濡れた路面が凍結したようです。けさの最低気温は平年より3度前後高いとはいえ、半分以上の14か所で氷点下となっていました。この冬は朝晩の冷え込みも例年よりは弱い日が多くなっていますが、条件がそろえばやはり凍結する所は出てきます。あすの朝も、けさと似たような状況が予想されるため、車を運転する際はスリップに注意し、スピードを出しすぎないようお気をつけ下さい。

(午前9時30分更新)



トピックス

  • ▼河北TBCカルチャーセンター・エスパル教室で、TBC気象台提携講座「気象予報士の四季」(2020年3月までの3か月講座)を開講します。日程は、1月22日(水)、2月26日(水)、3月25日(水)です。気象に関心のある方を対象に、取材で得られた知識や体験・エピソードなど、放送では伝えきれなかった話題も交えながら楽しく進めていきます。受講の申し込みは、河北TBCカルチャーセンターまでどうぞ。
  • ▼コラムの更新時間帯の目安は、平日と土曜は朝、日曜は昼前です。状況によって変化する場合もあるため、ご了承ください。
  • ▼独自予報の発表は、平日は朝・昼・夕、土曜は朝・昼、日曜は昼・夕となっています。
  • ▼天気に関する動画を募集しています。竜巻やゲリラ豪雨などの気象現象を撮影された際は、こちらのページから投稿してください→ TBC気象台 動画募集
  • ▼メール等で送っていただいた画像や動画は、テレビ番組やホームページに限らず、様々な媒体に使わせていただく場合があります。その点をご了解の上、投稿してください。