1月20日(月)放送

角田市 児童文学作家 堀米 薫さん
藤沢智子アナウンサー取材リポート

堀米さんは、角田市在住の児童文学作家です。東日本大震災では原発事故の影響で大変な時期を過ごされましたが今回は、台風19号の影響で大きな被害があった自宅周辺のお話をお伺いしました。
和牛の飼育や稲作、林業も行っている堀米さんのお宅では、裏側が山に面していたため大雨災害で自宅や牛舎に大きな被害を受けました。この被害の大きさを改めて感じるとともに、災害が起きた時にどのように対応するか、経験を伝えていくことの大切さを感じたそうです。報道されていない場所で起こっている出来事、周辺地域の方々との「共助」の大事さ…。今後の執筆活動においてもいくつかキーワードが挙がりました。災害前の生活に戻るための作業はまだまだありますが、一歩一歩前進しています。

阪神淡路大震災から25年
根本宜彦アナウンサー取材リポート

阪神淡路大震災から25年が経過して、震災の記憶や教訓を次の世代につなげる取り組みが課題となっています。神戸には防災・減災の情報発信の拠点となる「阪神淡路大震災記念・人と防災未来センター」があります。震災の経験を語り継いでその教訓を生かし、将来起こるといわれている災害に備えることを目的に2002年にオープンしました。そのお話を事業部長の今井隆介さんにお話をお聞きしました。
阪神淡路大震災を経験されていない、知らないという方が増えてきています。その面からは風化を感じるところで、東日本大震災の被災地と違って「震災遺構」というものは阪神の方にはもうありません。町もきれいに復旧復興していますので、神戸を今訪れた方はここで地震があったことを、風景からは感じられなくなっています。
現在センターには、年間50万人の方が訪れ、その中の約半分が小・中学生となっています。社会に災害文化を根付くようにするには若い世代の人に対して災害の経験と教訓を伝えていきたいと思っていますが、ここでおこった災害は「直下型地震」で、現在のように緊急地震速報の通知が来る前に大きな揺れが起きます。突然揺れる直下型地震は、どのようなパターンの地震が来るかわからず猶予がありません。今後、どのように教訓を次の世代へ語り継ぐか、命を守るためにどう備えていくか改めて問われています。

1月6日(月)放送

仙台市若林区荒井 農家 平松希望さん
伊藤晋平アナウンサー取材リポート

仙台市若林区の農家、平松希望さんです。東北大学卒業後、仙台市内で就農に向けた研修期間に入り、その後独立、農家として3年目となった2019年を振り返ります。
2019年は、平松さんにとって大きな一歩を踏み出した年、仙台荒浜地区の集団移転跡地の事業候補者に応募、0.9ヘクタールを借り受けることになりました。借り受ける場所は震災遺構である荒浜小学校のすぐそばで、第3次募集で応募に踏み切りました。応募するにあたって不安や悩み、葛藤がありました。もともとは住宅地だった場所ですので、土つくりからのスタートです。まずは花を植えてのスタート、花を育てていくことで農業に適した土に変化させます。借入期間は20年。新たな場所でのチャレンジが始まります。「自分自身が農家として、ちゃんと採算がとれるよう事業計画を練って協力者・事業者としっかりやっていきたいです」、という言葉からは力強さが感じられました。まずは震災遺構のそばにきれいな花が咲いて、その後農地として適した土を育てていく…。2020年は新たな1歩となりそうです。

3.11みやぎホットライン「3.11伝承ロード推進機構」
根本宜彦アナウンサー取材リポート

今年2020年は、東日本大震災から丸9年、10年目になります。それを前に震災の教訓、記憶を伝承するための「気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館」が整備されました。気仙沼向陽高校の旧校舎は、去年3月から一般公開、震災復興祈念公園は今年秋に全面開園の予定です。
「3.11伝承ロード推進機構」は、”東日本大震災に関わる伝承活動・施設が永続的に行われ、次の大災害に向けてその教訓を伝え続けていけるための機構(システム)”で、産学官民が連携し、被災地と一体となって進めていくことが目的の組織です。代表の東北大学今村教授が代表となり現在、青森から岩手、、宮城、福島まで192ヶ所が「3.11伝承ロード」として登録、震災の教訓や防災を後世に伝えていくために活動に取り組んでいます。
施設のネットワーク化で、震災ツーリズムや防災教育ツーリズムも今後は視野に入れ、また語り部の研修や育成の支援を考え、東日本大震災から10年の今、3.11に何があったか改めて考える発信の場として大きな役割を果たしていきます。

2020年もどうぞよろしくお願いいたします。

12月30日(月)放送分

きょうの3.11みやぎホットラインは「被災地の1年を振り返る」をお送りしました。

12月23日(月)放送分

石巻市 焼鳥と精肉のお店 やまだ(立町店)
粟津ちひろアナウンサー取材リポート

大正7年創業の焼鳥と精肉のお店 やまだは、100年の歴史がある精肉店です。
たれと塩の焼き鳥のテイクアウトもできるこのお店は、自家製のたれが自慢のお店で、地元の主婦たちに人気のお店です。震災時、津波の水はすぐに引いて、大きな被害はなかったためその後は炊き出しなどの手伝いを行っていました。ただ、取引先や業者の方々が被災状況がわからず当時は、差し入れを持ってきて安否確認などをしてくださったそうです。
8年8カ月経過した今、石巻市では若者が去ったり、新しく移住してきた方が増えたりと「すごく微妙」な感覚を覚えたそうです。今後の石巻市の再建、街づくりに期待も不安もある状況で、これからの街の再建を静かに見守っていくようです。

石巻市 老舗のお餅屋 二色餅
粟津ちひろアナウンサー取材リポート

3代目の西川さんは、震災時の「揺れ」の大きさに驚きました。最後にお店を見た時はショーケースの商品がバラバラになって飛び散っていたそうですが地震後すぐに日和山に避難していたため状況が把握できずにいたそうです。その後避難してきた人に「お店が流されていた」という情報をもらい、数日後に確認したところお店も自宅も津波で流されていて、気持ちがとても落ち込み、不安な気持ちを抱えて過ごしました。
その後駅前に店を再建しますが、当時のことを思うと今も心が痛むそうです。創業から90年を超える老舗店「二色餅」は今後もお客さんのニーズにこたえていけるよう、研究を続け腕を磨く毎日だそうです。

石巻市 えび志
粟津ちひろアナウンサー取材リポート

そば処えび志は、昔ながらの中華そばを提供しているお店です。
震災時、店は2Ⅿ50㎝の津波で大きな被害を受けましたが、ボランティアの方々に泥のかき出し、店の整備を手伝ってもらいきれいに片付きました。その方々には今も感謝の気持ちでいっぱいですが、今後の店の発展・利用を考えるとリフォームをあきらめ、解体しなければなりませんでした。
2014年に新たに店を再建し現在も営業を継続している「そば処えび志」、昭和の雰囲気が漂う店内で、おいしいサービス満点の食事が提供されます。お近くに立ち寄った際は、是非その味に舌鼓を打ってみるのも良いでしょう。中華そば定食はボリューム満点ですよ。

12月16日(月)放送

石巻市3.11みらいサポート 福田貴史さん
伊藤晋平アナウンサー取材リポート

今年4月から石巻市の3.11みらいサポートに就業している福田さんです。台湾の大学に在学中は、主に観光業に関わる勉強をしていました。台湾に4年長期滞在する中で、違う国籍の人たちと考え方が違う中で観光業を学べたことが大きかったそうです。お互いの文化を知り、尊重するのが大きなポイントとなり、今その経験を活かし仕事をしています。
そんな福田さんがなぜ、石巻とつながったのか?そのきっかけは台湾の大学に在学中、中国国内でのインターンをするのが難しかったため、教授のすすめで石巻市の3.11みらいサポートでインターン経験をしたことです。1人の日本人として、震災を知っておくべきではないかという思いそして、滞在中、被災地である石巻市の復興の過程を垣間見れたこと、石巻市に滞在してその場所が「好きになれた」ことがこの地で仕事をする決め手となりました。
台湾は台風・災害が多く津波にあまり遭遇しないという状況で、防災に関する意識・自分の身を守る行動について体感したことがない、イメージがわかないなど問題点も見えてきました。外国人に防災について話すということは、色々な角度から災害を考えることが必要なんだということなど、気づきもあったようです。
「震災の教訓を伝えていく」…。大変難しい課題ですが、大学で学んだ中国語を活かし、海外から石巻に訪れる方に震災を伝えていくことが今の福田さんの使命・課題となっているようです。

スタジオゲスト
公益法人仙台男女参画財団 粥川登紀子さん

災害時に起こるストレスや戸惑い、不安・つらさなど女性特有の気持ちの電話相談を受けつけている公益財団法人せんだい男女共同参画財団から粥川さんにお越しいただきました。今回、10/12、13にかけて大きな災害が発生した台風19号における悩み相談など、臨時の電話相談をはじめました。
災害時に女性の声が上がりにくい、と言うことは東日本大震災の発生時にも同様のことがありました。被災されて子育て・介護、仕事・人間関係の軋轢など女性特有の悩みを打ち明けられない方が多かったためです。
東日本大震災の教訓や経験から、女性スタッフが親身になって電話で相談を受けています。被災時からの時間の経過、格差問題、人間関係の変化など様々な悩みを電話にて相談を受け付けています。期間は2020年の2月21日までの限定3カ月、電話番号は080-2845-1270です。月曜から金曜の10時から16時までとなっています。「こんなことぐらいで・・・」とためらわずお電話ください。