Archive for 番組

11月12日(月)放送

山元町 みんなのとしょかん山元 菊池慎一郎さん
小笠原遥アナウンサー取材リポート

今回取材したのは、山元町の菊池慎一郎さん(70)です。菊池さんは震災で被災した山元町の花釜地区で「みんなのとしょかん」の館長を勤めています。この【みんなのとしょかん】は今年で設立6年目。今年6月にもともとあった場所から200m離れた場所に移設しました。新たな場所の敷地は、趣旨に賛同した元住民が被災した住宅の跡地を寄贈、現在プレハブで運営しています。
地域の自治会で、何気ない話をきっかけに【みんなのとしょかん】が生まれ、現在1万5千冊が貯蔵されています。狭い場所での運営のため、3,000冊だけがプレハブ内にあるとのことです。これまでの運営はずっと、地域住民10人のボランティア、当番制で行なわれていて、管理しているボランティアの方々の呼び名はG7(おじいさんが7人)、バーテン(おばあさんが10人)(笑)です。
60歳以上の方々ばかりなので「電子図書」などの運営の仕方がわからない、若者不足など運営には問題点もあります。
毎年3月11日に行われる行事「追悼の夜 あなたを、あの時を忘れない」は、みんなのとしょかんの大切な行事。。。プレハブ前に竹灯籠や絵灯籠や陶製の地蔵を並べ、亡くなった人たちの鎮魂を祈ります。広報活動や今後のためにも、菊池さんは若者のボランティアを切に望んでいます。気になった方は、一度ボランティアで参加してみるのはいかがでしょうか。

NPO法人 アスヘノキボウ インターン生 川瀬由紀子さん
伊藤晋平アナウンサー取材リポート

京都大学の学生、川瀬由紀子さんは大学で国際教養を学び高校時代を含めボランティアで何度も東北を訪れています。大学生活も終盤になり、就職活動を考える中で今回、大学を休学して女川町にやってきました。親せきが宮城県松島市野蒜地区にいらっしゃったご縁もあり、小さいころから宮城県には遊びに来ていたそうです。
川瀬さんが中学3年生の時に東日本大震災が発生、親せきのおじさんといとこ2人が震災の津波の犠牲になりました。京都で震災のニュースを見聞きした川瀬さんは、そのすざましさの記憶、親せきの方々との思いが原動力となってボランティアを始め、現在も継続的に宮城県へ訪れています。この宮城県で何があったのか知りたい、という思いが川瀬さんを動かし、その中で出会った人たちとの交流から東北に魅力を感じて足を運んでいます。
女川町でのインターンは来年2月まで続きます。女川で、街の魅力を知り、その土地の人たちと心を通わせて今後数カ月を過ごします。その間、女川の復興の裏側をじっくり見て「震災復興」のスピード感、歩みを感じたいと話してくれました。

11月5日(月)放送

気仙沼市 じもと○○ゼミ 「まるオフィス」根岸えまさん
古野真也アナウンサー取材リポート

根岸さんは、震災を機に東京から気仙沼市に移住し、2015年にまるオフィスを立ち上げに関わりました。現在は海の市の2階に窓口を設け、地域教育事業・移住推進事業・若者支援事業を軸に活動しています。まるオフィスの主な活動のひとつ、じもと○○ゼミを取材しました。中高生に地元気仙沼市の産業を実際に体験してもらう地域活動教育は、今回は唐桑地区で開催されました。
生まれた地域の良さを知り、将来的には地域に帰ってきてほしいという思いの元活動しているまるオフィスは、地域の大人が先生になって子供たちに魅力を伝えています。今回は、気仙沼市唐桑地区で1軒しかない農家の千葉正樹さんの協力のもと、唐桑中学校から4人の中学生(男子)が参加しました。
参加したなかのひとり、中学2年生の小松創くんは、今回20回目を超える参加です、土を触るのが大好きな小松君は、一生懸命稲刈りに取り組みました。この活動を通し、【農家になる】、という職業選択肢が増えたそうです。
この取り組みは、2‐3年で結果が出ることはありませんが、長期的な取り組みとして今後もいろいろなアイディアが生まれそうです。今、気仙沼市を離れている若い世代が、今後気仙沼市の産業に関るというのも、そう遠くはありません。システム作りなどまるオフィスでは新プログラムも考えていくようです。

山元町 佐藤蒟蒻店 代表 佐藤剛さん
林 朝子アナウンサー取材リポート

山元町や蔵王町など、仙南地域では「こんにゃく芋」栽培の北限と言われています。去年までは、こんにゃく芋の栽培から製造までを手掛けていましたが、今年からは県内の生産者から芋を仕入れ加工しています。生産者ひとりひとりに代表の佐藤さんが直接訪れ値段交渉、さくっとした感触の優しい舌触りに仕上がるような素材を仕入れています。
震災前までは、自社工場で加工などを行っていましたが、従業員が沿岸部に配達に出て行っていて安否が気遣われました。しかし、全員の無事がわかり一安心。工場は破損しましたがおよそ4か月の時間を費やし、事業を再開しました。
その後、販路が経たれたり、風評被害で売り上げがダウンしたりしましたが、無我夢中で販路を開拓、遠くは沖縄県の方など「復興需要」で販路に変化を持たせる中、一生懸命営業を続けました。現在、スーパーなどの量販店での販売は減少しましたが、産直市場での販路が中心になり活気づいています。
佐藤蒟蒻店は、震災という大きな出来事を経てなお、この街で蒟蒻づくりを続けています。震災で広がった様々な縁を機に、これからも山元町で頑張っていきます。震災時、まだ未成年だった次男は佐藤蒟蒻店の跡継ぎです、今後もみなさんに愛される蒟蒻づくりを行っていきます。

【販売先】
山元町真庭字浅生126 佐藤蒟蒻店 工場まで

 

10月29日(月)放送

秋保ワイナリー 毛利親房さん
斉藤百香アナウンサー取材リポート

現在宮城県内で県産ワインをつくる取り組みが広がっています。その先駆けとなったのが震災後初のワイナリー、秋保ワイナリーです。そのワイナリーの代表の毛利さんにお話をお聞きしました。
毛利さんは震災前は仙台市内の建築事務所に勤務していて、農業は未経験。お酒にも弱くほぼ飲まないそうです。そんな毛利さんがワイナリーづくりを手掛けるようになったきっかけは東日本大震災です。当時毛利さんは女川町にあるゆぽっぽの設計を当時されていました。震災後は女川町に建築物がないどころか街が壊滅していたため、それが転機となって宮城の産業を後押ししたいと考えるようになりました。
そんな時、建築事務所で震災担当になった毛利さんに自治体から「何か復興計画のアイディアはないか」と持ち掛けられ毎日毎日復興計画を考える中で「ワイナリーづくり」を思いつきます。しかし、そのアイディアは自治体の賛同を得られませんでした。
そこで毛利さん自身が建築事務所勤めを辞めて、1から宮城県内にワイナリーを作ることを決めました。途中、そのプロジェクトの成功への難しさ、挫折もしましたが、その経験を踏まえて2015年冬、秋保に震災後初、宮城県初のワイナリーを誕生させました。
現在、オープンから3年が経過し、【テロワージュ東北】という気候・風土・人の営みとワイン(食)をかけた取り組みを開始し、東北6県がそれぞれ手を取り合って魅力的な旅を提案するという新しいプロジェクトを手掛けています。食とストーリーの融合で、世界に一つだけの感動体験をしてほしいと願って2020年の東京オリンピックに向けて、日々前進しています。

インドネシアパル地震・津波から1か月
東北大学災害科学国際研究所所長 今村文彦教授 
根本宜彦アナウンサーインタビュー

昨日28日でインドネシア スラウェシ島中部で発生した地震。津波から1か月となりました。今村教授は今月4日から6日にかけて被害が甚大だった震源の南、およそ80キロにあるパル周辺を調査しました。M7.5震源の深さ10キロの地震は、地滑りなどが多発的に発生、2000人が亡くなり、今も1,300人の方の行方が分かりません。今回のインドネシアでの地震は【横ずれ型】の地震で、津波は発生しにくいものと考えられていましたが、海底または沿岸での地滑りによって多発的に発生したと考えられます。
今回の地震を現地調査した今村教授によると、津波が起こった原因は揺れに伴って海底で地滑りが起こり、津波がおこったと思われます。このようなケースは、パル湾の地形が地滑りを起こしやすい地形(特性)があったと考えられます。しかし今後東北、宮城県内では海底地すべりによる津波が起こる可能性は低く、日本国内で言うと駿河湾や富山湾の急こう配の場所で発生することがあるということです。
現地は雨期に入り、地滑りが起こりやすい状況が続いています。また今回地震が発生した南側でも地震活動が活発になっていると考えられます。今後も注意が必要だということです。パルの中心部は電気と通信が復旧しましたが、21万5,000人が今も避難生活を余儀なくされています。一刻も早い復興を望みます。

10月22日放送

亘理町 にぎわい回廊商店街「サーフショップREAL SURF」
小笠原遥アナウンサー取材リポート

亘理漁港のすぐそば、にぎわい回廊商店街にある「サーフショップREAL SURF」。
現在、荒浜のサーファーは震災前の半分までしか回復していませんが、月に一度ビーチクリーン活動や遠方から訪れる人たちに地元荒浜の情報提供の場に利用してもらったり、クラブハウス代わりに店を提供したりしています。
お店は東日本大震災で被災しましたが、「亘理町荒浜にぎわい回廊商店街」とともに2015年3月に再開しました。
荒浜は漁業とサーフィンの町。亘理町荒浜にぎわい回廊商店街や亘理鳥の海温泉、野球場などが次々オープンし、賑わいを取り戻しています。来年からは、海水浴も再開する予定の亘理町荒浜。次の世代へ海の楽しさ、大切さを伝えていきます。

住所 宮城県亘理郡亘理町荒浜字築港通り34-25
電話 0223-36-9664

女川町ウッドワークスタジオ ノア
伊藤晋平アナウンサー取材リポート

女川駅前エリアに「Woodwork Studio Noah(ウッドワークスタジオ ノア)」という新しいお店がオープンしました。犬にも人にも自然にもやさしい、国内でも珍しい 犬専門の木工場です。
店内にはペットを飼育している人のためにオリジナルのグッズや家具の販売、高齢犬のためのグッズの販売などを行っています。いわば犬用のオーダーメイド木工場です。木材は宮城県産の木材、塗料も人間の赤ちゃんが使用している自然材料を用いた仕上がりです。
震災を経て、女川の暗いイメージを幸せな明るい暖かなイメージに変えていきたい、と今年夏にオープンしました。木の香りが心地よい場所で、女川の街の拠点になるような店づくりを行っていきます。代表の新井さんは、木工職人で家具デザイナーで、震災時にペットと飼い主の在り方を考え、この場所にオープンさせる決意をしました。今後もペットそれぞれの特徴に合ったモノづくりを行い、犬と幸せ暮らすためのアイデアを提供します。

「Woodwook Studio Noah(ウッドワークスタジオ ノア)」
0225-25-4622

10月15日放送分

中野ふるさと学校 佐藤雅信さん
佐々木淳吾アナウンサー取材リポート

中野ふるさと学校 は宮城野区高砂市民センター(仙台市宮城野区)で活動しています。東日本大震災でばらばらになった元中野地区の住民たちで構成され、代表は南相馬市出身、30年中野地区に住んでいた佐藤雅信さんが勤めています。
活動内容は、震災前の街並みを模型で再現するなどのジオラマづくり、ふるさと山学校などの企画があり、中野地区が自分たちのふるさとであることを再認識し、周辺住民とのつながり、元の中野地区の記憶を継承しています。
震災後、中野地区は大半が災害危険区域に指定され、住民全員がふるさとに住み続けることはできなくなってしまいましたが、今も元の住民との交流の場を設け、地域の防災を今後につなげるために語り継いでいます。
そのほかふるさと学校では、「日本一低い」日和山登山、などの行事を企画しています。興味のある方は高砂市民センター022(258)1010までご連絡ください。

七ヶ浜町きずなFプロジェクト 元光洋中学校 紀野国七海さん
古野真也アナウンサー 取材リポート

元光洋中学校の卒業生、紀野国七海さんは春の中学校卒業とともにFプロジェクトを離れましたが、今も何らかの形でFプロジェクトに関わりたいと思い、新しい団体を卒業生有志とともに『きずなFプロジェクト』を立ち上げました。2か月に1回のペースで会議を重ね8月13日に初の室外活動を行いました。
フィールドワークにはメンバー7人が参加し、七ヶ浜町内の語り部ボランティアに所属する二階堂修さんと一緒にバスで町内を移動しながら当時の話を聞きました。目の前にあるきれいな景色とは結び付かない七ヶ浜の町におこった震災の話を聞きながら改めて震災について考えました。
町内の避難路を説明を聞きながら歩き、気が付いたことが「津波到達の看板」が見えにくくなっていることです。震災から7年がたち、高校生になって気が付くことも増えました。町内の人にも伝わる防災情報、人の命をどう守るかを目標にオリジナルのハザードマップの作成や避難路の入口に花を植えるなどのアイディアがでました。今後も活動が楽しみです。