Archive for 番組

6月17日(月)放送

石巻市北上町橋浦地区 デ・リーフ北上代表 鈴木嘉悦郎さん
古野真也アナウンサー取材リポート

6月初旬に取材させていただいた石巻市北上町の「デ・リーフ北上」は、最新技術を取り入れた新しい農業施設です。大きなビニールハウスは光や温度、二酸化炭素の濃度までコンピューターで管理して、農業復興の家族かという点で農林水産省の支援事業に認定されています。
鈴木さんは震災前に北上地区で代々続く稲作と茅葺会社を経営していました。しかし、東日本大震災で集落が流され、自分自身も津波に流され、その時は死を覚悟した程壮絶な体験をしました。その後、自宅があった集落はなくなり、危険区域に指定されたため今も住宅はありません。残ったのは荒れた土地だけでした。
現在、デ・リーフ北上ではパプリカ1.3㏊とトマト1.1haの畑を所有し、50人ほどの従業員と一緒に農業生産に取り組んでいます。生まれ育った地域のために農業復興をしていく、という思いで立ち上げた野菜工場。被災した人たちや農業を生業にしたいという若い世代の方々と共に【日本一の大産地】という夢を実現するため日々仕事に励んでいます。今後も北上の地から全国に野菜を届けていきたいと話してくれました。

宮城・宮城内陸地震から11年 栗原市耕英地区と花山地区の住民の想い
根本宜彦アナウンサー取材リポート

先週金曜日に【岩手・宮城内陸地震】から11年となり14日朝、栗原市駒の湯温泉の慰霊碑の前には遺族や住民らが集まり、黙とうを捧げ犠牲者を悼みました。元くりこま耕英震災復興の会の大場浩徳さんは「震災時、47歳だったのですが今は58歳になって、もうすぐ60歳。自分の身体に老いを感じてくる日々。その中で少しずつできることをちょっとずつやっていければいいのかな」と話してくれました。農業生産の状況は自然相手なので、毎年収穫量にも影響があります。そんな中、【絆】という品種のイチゴは市場の評価も良くて大田市場からも引き合いが来ます。5年ほど前から作り始めたイチゴは、良いものを増やすのは簡単ですが、作るのが大変。過疎化高齢化も耕栄地区では大きな課題です。
2001年に花山村浅布地区に映り込んだ主婦、早坂絹子さんは慣れない避難所生活、仮設住宅での生活を送り、この11年という長い歳月を振り返りました。心の復興を進めることができたのは家族の支えです。栗原市も【ジオパーク】として認定され、研修ツアーや観光客を呼び込もうと様々な取り組みを行っています。観光復興の嬉しい兆しが見え始め2017年は観光客が市全体で187万人と内陸地震以前の水準に近づいてきました。
耕英地区では9月8日(日)にイワナまつりが開かれます。みなさんもお出かけになってみてはいかがでしょうか。

6月10日(月)放送

宮城県沖地震から41年 東北大学 災害科学国際研究所所長 今村文彦教授
根本宜彦アナウンサー取材リポート

2019年6月12日は宮城県沖地震が発生してから41年目です。宮城県沖を震源とするM7.4の地震が発生し、仙台・石巻・福島で震度階級震度5、盛岡・山形。水戸・東京などで震度4を観測しました。これは、当時50万人以上の年が初めて経験した【都市型地震】と言われました。
東日本大震災によって想定される宮城県沖地震の震源域はどうなったのか、今村教授に聞きました。
今年2月、政府の地震調査委員会が青森県東方沖から千葉県房総沖の日本海溝で将来起こる地震の発生確率を見直しました、このうち宮城沖の広い範囲で起こりうるM7.9クラスの巨大地震が30年以内に発生する確率は20%、宮城沖およそ300キロまでの広い範囲で起こりうるM7.0~7.5の確率は30年で90%、陸地に比較的近いエリアで起こるM7.4程度の地震は今後30年で50%と予測しています。時間の経過や風化、防災への関心が薄れる中で、改めて点検が必要だとしています。
今後突然、強い地震が発生したら、①命を守る、ケガをしないこと が最重要になりますが、「まず低く」「頭を守り」「動かない」この3ステップを1分間でやってみよう、という「仙台市シェイクアウト訓練」を家の中で訓練として実施しましょう。また、家の中の安全を確保するために家具の配置・家具の防止転倒にも気を付けましょう。いざというときの家族との連絡方法の確認、食料備蓄なども普段からできることを考えて災害に備えましょう。

復興大学県民講座 開校について
東北工業大学地域連携センター長 学都仙台コンソーシアム復興大学部会部会長 小祝 慶紀教授

復興大学とは、東日本大震災が起こったこの地で復興を考え学び、復興を考え学ぶ機会として一般市民・県民のみなさま、学生・生徒を受講対象として開催する学びの場です。リーダーとして活躍できる人材育成や被災地域・企業への巡回訪問と課題の抽出などを学び、社会学、心理学、経済学などの立場から震災について学ぶ講座です。
6月22日(土)~11月16日(土)まで34講座が用意され、無料で受講することができます。この中には、講座だけではなく現場実習(予定3コース)なども行われる予定となっています。お申込みお問い合わせは【復興大学県民講座】まで。

復興大学ウェブサイト:http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/
復興大学事務局(東北工業大学 地域連携センター)
電話番号:022-305-3818
E-mail :fukkoudaigaku@tohtech.ac.jp

6月3日(月)放送分

美里町出身音楽プロデューサー 佐藤三昭さん
粟津ちひろアナウンサー取材リポート

2019年3月「かざぶね」という童話集を発表した音楽プロデューサーの佐藤三昭さんを取材しました。普段は映画主題歌やミュージカル音楽の製作・舞台監修などをを行っています。東日本大震災で多くの友人を亡くしたことがきっかけで震災後2011年から2013年にかけて、自分の想いをはじめて童話という形にしました。
今回出版された「かざぶね」は、7つの短編童話が描かれています。「言葉で書かないと生きて行けなかった」と佐藤さんは当時を振り返りますが、自分の想いを初めて童話にしたのは「童心を思い返しながら、子供の時の純粋な感じる力を書き残したかった」という思いが込められています。震災を忘れないこと、次の災害に備えることがクリエイター、物を作る人間の仕事ではという思いが原動力になっています。


震災から8年、新居へお引越しした 三條すみえさん
林田悟志アナウンサー取材リポート

石巻市長面地区で被災した三條さんは、震災から8年が経過し、みなし仮設から新居へお引越しをしました。新居は長面地区のようなご近所付き合いもなく淋しい思いもありますが、新しいお家での生活が始まりました。まだ新居に慣れずにいますが、生活面ではとても便利になったそうです。
ご近所のみなさんも夏祭りなどで長面に集まる機会はありますが、住居はバラバラになったため、集まる機会が少なく苦労もあります。機会を設けてお互いの家をいったりきたりしています。今回は、ハマナスカフェの濱畑さん、震災後に東京から訪れていた大野悦子さん、元漁師で現在ゲストハウスを経営している奈良坂京子さんがまちびらきの次の日ということもあり、新居へ遊びにきてくれいる場面にも遭遇しました。
3年前から石巻市大川地区で語り部ボランティアをはじめた三條すみえさん。次回の語り部は6/23(日)です、機会があったら是非石巻市の大川地区・長面地区を実際に訪れてほしいと思います。

5月27日(月)放送

東北大学漕艇部 
古野真也アナウンサー取材リポート

東北大学漕艇部は1895年の創部で2020年で125周年を迎えます。日本代表選手の選出や全日本選手権優勝、全日本大学選手権でも優勝経験がある強豪チームです。もともと東北大学の漕艇部は名取市の貞山堀りの海沿いにありましたが、東日本大震災以降は川崎町の釜房ダムで練習を行われています。
2011年の3月11日は練習は行われておらず、顧問の先生も出張中で人的被害はありませんでした。しかし練習場所と部の備品はなくなり、2011年の夏の大会が危ぶまれましたが、川崎町の方々や他大学の支援、義援金などで震災3ヵ月後という早いタイミングで練習を再開できました。
その後は、川崎町の釜房ダムで練習をしてから仙台市内の川内キャンパスへ向かうなど苦労を重ねながら部を存続し、2014年に合宿機能を備えた新艇庫が完成しました。ここで東北大学漕艇部は力を蓄え、去年男子ペアが全国3位に入賞するなど輝かしい成績を残しています。
東北大学漕艇部は、今後北海道大学との定期戦、9月の全日本大学選手権などが控えていて、これからの試合結果に期待が持てます。今後の活躍に目が離せません。

閖上地区「お浜降り」21年ぶりに復活 熊野那智神社 井上宮司さん
長南ディレクター取材リポート

東日本大震災の被害で754人が犠牲になった名取市閖上地区。昨日は犠牲になった人々の魂を鎮め、これまでの復興への支援の感謝を発信しようと「まちびらき」が行われました。地域の生活基盤と産業の再建に向け、土地のかさ上げ工事や区画整理、復興住宅や商業施設の整備が進む中、21年ぶりにこの「お浜降り」の開催です。
かつては熊野那智神社の氏子さんたちが高舘山の神社からみこしを担ぎ、閖上まで歩いて移動します。重さは1t以上。担ぐだけでも大変なこの神事、増田地区や閖上地区でそれぞれ神輿を担ぎ、港まで繋ぎました。名取市の地区ごとの繋がりは薄いのですが、今後もこの神事を続けることによって名取市がひとつになっていく姿が楽しみです。次回の開催は未定ですが、早期にまた「お浜降り」がみられるとよいですね。

5月20日(月)放送

石巻市北上町 白浜ビーチパーク取材リポート
後藤 舜アナウンサー 取材リポート

白浜海水浴場は、北上港の河口にあるため、穏やかな波が特徴で追波湾を一望することができます。4月1日にオープンした隣接の「白浜ビーチパーク」は石巻市が整備したもので、今回は管理をしている北上総合支所の佐藤林生さんにお話を伺いました。
震災後の白浜海水浴場は、昔の面影が全くなく、佐藤さんの記憶と照らし合わせても何とも言えないような無力感が漂ってくる、そんな風景でした。現在の白浜ビーチパークは、かつて41世帯およそ200人が暮らしていたエリアで、震災後は住むことができなくなりその跡地にビーチパークをつくりました。
白浜海水浴場にプラスして賑わいの生まれる場所にしようと市と地元住民の協力があってこそ生まれたこの場所…。GWもイベントを初めて開催したこともあり、多くの人たちでにぎわいました。次世代を担う子ども・若者たちに少しでも楽しい思い出を作ってもらえる場所になってほしいものですね。


名取市一般社団法人プレワーカーズ 代表 須永力さん
伊藤晋平アナウンサー取材リポート

一般社団法人プレワーカーズ代表の須永 力さんにお話を伺いました。子どもマッチの遊び場を提供する活動を30年以上続けてきた須永さん。全国各地でプレワーカーとして従事し、震災後は被災した各地へ出向くなどの活動をし、2017年7月に名取市愛島に子どもたちの遊び場、くつろぎの場「○○」を開設、その後名取市の下増田に移転しました。
今年3月、東日本大震災以降の活動報告とこれからの10年をどう築いていくかに関するシンポジウムを気仙沼市で開催し、宮城の子供たちの遊び場についての実態を発表しました。
シンポジウムで配布されたアンケートでは、放課後外遊びをしない子供がおよそ8割、親世代が子どもたちが自由に遊べてないと思う一方、子供たちは自由に遊べている現状に肯定的であるなどギャップが生じていることがわかりました。震災以降、宮城の子供たちと向き合ってきた須永さんには「同じようなアンケートを自分の地域でも取ってみたい」などの声をいただいたそうです。
震災後の子供たちを取り巻く変化や考え方はアップデートされていくものなのかもしれません。子どもたちの当時の苦しみなど受け止めて、乗り越えていくために必要なもの、状況の変化など、今後も探して「子どもたちの居場所づくり」を担っていきます。