Archive for レポート

7月22日(月)放送

石巻市北上町十三浜大室 佐藤清吾さん
藤沢智子アナウンサー取材リポート

石巻市北上町十三浜大室の復興住宅に住む佐藤清吾さんを取材しました。
北上の漁協の支所長として養殖の再開、わかめサポーターをはじめるなど、地域の漁業の復興や、地域の復興に尽力されてきました。以前、大室南部神楽の復活のきっかけを作った時も取材させていただきました。最近、佐藤さんは高台に移転して2年経過し 久しぶりに取材です。
以前は、浜に面したところに家があり外出すれば仕事の準備をする顔見知りと自然に会うことができましたが、住まいが皆高台に移り、イベントがなければ顔を合わせることができません。そのコミュニティを保つために活躍しているのが相川地区コミュニティセンターです。宿泊もできるこの施設は、住民の要望を取り入れて建設にこぎつけ、遠方からのボランティアのみなさんともここで顔を合わせ、話・交流をすすめることができます。
公共施設が何もなくなってしまった地区ですが、ソフト面での復興はまだまだ進んでいません。郵便局もポストだけで窓口はできていない状況が続いていたり、人口が増加しない状況が続いたりと、様々な問題がまだまだ山積みです。ひとつひとつ解決していくことを希望します。

気仙沼市小泉海水浴場 9年ぶりの海開き
林田悟志アナウンサー取材リポート

気仙沼市の小泉海水浴場が7月20日、9年ぶりにオープンしました。延長650Ⅿ、広さ約3.9haの広大な砂浜と2万4千個のブロックを使った長さ820mの防潮堤が特徴的です。きょうは地元でサーフショップを経営している鈴木優美さんを取材しました。
鈴木さん夫婦が営むサーフショップ「かぶとむしShrfshop」は1978年に開店、しかし東日本大震災でお店は被災し、現在本吉町登米沢で移転営業中です。ここまでの8年、地元本吉地区の5ヶ所くらいのサーフポイントにサーファーを紹介したり道案内をしていましたが、小泉海岸の海開きとともに新ポイントのひとつとしてご案内しています。
7/21(日)の高校生主体の海フェスは、息子さんが中心メンバーに入っていて、若い力が気仙沼の新しい魅力の発信を行っています。今後も、未来のためにビーチクリーン活動や小泉海水浴場が以前の活気を取り戻せるようにみなさん、元気に活躍中!夏だけでなく、1年中みんなが集える場所として盛り上げていきたいと話してくれました。

3月4日(月)放送

名取市 農御用園芸総合研究所 高山詩織さん
熊谷望那アナウンサー取材リポート

名取市でニコニコベリーというイチゴの品種を開発した名取市の農御用園芸総合研究所は、果肉まで真っ赤、爽やかな酸味のある宮城県のイチゴの新品種「ニコニコベリー」というイチゴを開発しました。「もういっこ」と「とちおとめ」を掛け合わせたイチゴで、開発から販売まで10年を要しました。そして品種改良が軌道にのった頃、東日本大震災に遭遇、震災後はイチゴ栽培の方法が土耕栽培から高設栽培に変え現在に至ります。
ハウスも土耕栽培とは異なり、徹底した温度管理・土からではなく水道から水分と栄養分を与えていたため、震災前よりだいぶコストも上がってしまうなどの苦労がありました。震災の影響で一度は開発をあきらめたこともありましたが、そんな中でもニコニコベリーは誕生しました。
生産者の方々、食する方、すべての人々が笑顔になるよう「ニコニコベリー」と名付けられたイチゴ、収穫時期もクリスマス時期にぴったりあうということで大変重宝しています。現在60tという生産量ですが、2019年は400tまで収穫量を上げていこうと計画中です。
宮城で2番目に品種開発され販売が開始された「ニコニコベリー」、今後も宮城を代表する、そして東北を代表する愛されるイチゴになってほしいです。

気仙沼市 小山大製菓(気仙沼市三日町)斎藤明美さん
林田悟志アナウンサー 取材リポート

BRT気仙沼駅から気仙沼街道に沿って東に10分ほど歩いた場所にある小山大製菓、ピーナッツせんべい、ごませんべい、どら焼き、お団子、まんじゅうなどを生産しています。創業100年、老舗貸店舗の2代目社長は今も現役で働いています。
松川の工場で震災を経験した斎藤さんは、最初の揺れのあとすぐに避難しました。お店の前の道路は津波で川のようになってしまい、高台にある自宅に戻ろうと車で移動しましたが、ひどい渋滞にあってしまいます。その後、気仙沼の町は震災の影響で電気やガスがとまりライフラインが復旧するまで時間を要しました。
お店は震災後、すぐに営業を再開することができたこともあり、冷凍のお団子や日持ちのしないお菓子を避難所でくばるなど、地元の企業でありながら支援する立場でもありました。義理堅い気仙沼の人々は震災後すぐでも、支援して下さった全国の方々へ恩返しをしたいと小山大製菓からお菓子を送り感謝を伝えました。そのため、今でも多くの人がお店に来てその話をしてくれるということです。
震災から8年経過しましたが、気仙沼からみると「まだ8年」です。2月に三陸道が仙台から気仙沼市まで一本でつながりましたので、今後、さらにたくさんの人に気仙沼へ足を延ばしてほしいと齋藤さんは願っています。これからも地元で愛されるお店であり続けてほしいものです。

震災から、まだ8年しかたっていない現在、

ってしまいましたが

1月28日放送分

塩釜市 シーフーズあかま 赤間俊介さん
増子華子アナウンサー取材リポート

みなさん、わかめはお好きですか?わかめの旬というと3,4月頃のイメージがありますが、塩釜では全国で最も早い12月から収穫されます。
今回は塩釜のワカメ漁師 赤間俊介さん(35)を取材しました。
ワカメ漁は塩釜港の東端にある漁場で行われ、その風景は七ヶ浜まで畑のように続いています。
赤間さんは、震災当日朝9時くらいまでワカメ漁に出かけていました。朝9時に漁から戻り、当時まだあった工場で加工、配送、物流の仕事に従事していました。午後2時46分の大震災で海には近づけず翌朝海岸へ向かいましたが、船は流され工場は半壊、そこには現実離れした風景が広がっていました。
すぐには漁業を再開することができず、その後、かっこいい、稼げる、革新的な漁師をつくろうと若手漁師とともに2013年に「フィッシャーマンジャパン」を立ち上げます。そして2016年には「フィッシャーマンズリーグ」という水産業をPRする団体へ進化させ、三陸というブランドを世界に発信することを目的に活動を大きく展開します。今も都内で食育活動や海外への輸出などを手掛けています。
水産業の六次化産業は、生産から販売まで共同で行う地域単位の活動です。人と人とのつながりを大事に、今後も地域の方々とパートナーシップを強めていきたいと話してくれました。

インドネシアスンダ海峡津波について 東北大学災害科学国際研究所所長 今村文彦さん
根本宜彦アナウンサー取材リポート

インドネシア中部とジャワ島とスマトラ島の間のスンダ海峡で発生した津波から1カ月経過しました。現地調査を行った今村教授が、山の一部が大きく崩れて海に落ちた「山体崩壊」の状況について解説してくれました。
発生した津波はスピードが速く、瞬間的な破壊力が大きかったため、ジャワ島側とスマトラ島側の沿岸部で建物被害が大きく報告がありました。局所的に津波が大きく遡上した場所は、津波の高さが13m(ビル3階相当)あったそうです。
インドネシアの火山活動によって起こった山体崩壊は、噴火により110m下がって標高が噴火前の3分の1になりました。エネルギーは小さい規模でしたが部分的に集中しているため被害が大きくなったと考えられます。
住民にとっては何の前触れもない突然の山体崩壊による津波は、警報を出すには難しく、当時津波警報は出なかったとみられています。通常の地震による津波に関してはある程度警報が出ますが、それ以外は大変難しく、津波の発生をいち早くとらえて沿岸部に伝えるとなるとリアルタイムでの監視、観測体制が求められます。インドネシアの火山活動は小康状態ですが、海のそばで異変を感じたら高台などより高いところへ移動することが重要になってきます。中長期的に対応をどうするか、早く監視体制を整えることが重要だといえます。

1月21日(月)放送

亘理町 中国料理「万里」最上光三さん
藤澤智子アナウンサー取材リポート

亘理町荒浜にある中華料理の店 万里。店主の最上さんは仙台市内のホテルで総料理長を務めた後、震災の4年前に亘理町に万里を開きました。しかし、東日本大震災で店の天井まで津波が押し寄せたため、営業ができなくなりました。
その後、店の中にあった泥やがれきをきれいに片付け、8か月後の12月にお店を再開させます。現在店を始めて11年、自分を含め周囲のみなさんの高齢化が進み、自分自身がいつまで働けるか不安を感じながら過ごしているそうです。
最上さんは荒浜にあった自宅を(災害危険区域との境界線にあったため)取り壊し、今は復興住宅に住んでいます。自宅跡には食材を保管する倉庫だけがあるだけです。周りを見渡してもかつては住宅がびっしり立ち並んでいた場所にポツンポツンと再建した家があるだけで、8年経とうとしている今その空いた土地に新築の家を建てて住む人はほとんどいない状況です。
荒浜小中学校は、津波の避難を想定した新しい校舎ができていますが、これから生徒数をどう確保していくのかが課題です。荒浜の文化をどう守り継承していくかも難しい問題です。

孤立・孤独死を防ぎたい-映画完成 
豊里コミュニティ推進協議会の佐々木豊さん・集落支援員の川谷清一さん
林朝子アナウンサー取材リポート

映画「ひとりじゃない」は、震災で妻と娘を亡くした一人の男性が主人公で、石巻市からひとり豊里に移住してきた設定の物語です。津波の犠牲になった妻が残した留守電を聴くことが日課で、地域になじめず孤立した男性がある出会いを通して少しずつ前を向き始める、という内容となっています。
映画のシナリオを手がけた集落支援員の川谷さんは、被災地での「孤独死」の現場に立ち会う経験がありました。その経験をつづり、いつか映画にしたいと思って4年前から自分のノートにメモを書いていました。
以前からずっと心の中で思っていた「孤立・孤独死を防ぎたい」という思い、被災地だけの問題ではない「孤独死」をこの映画を通して感じ取ってもらいたい、という思いが詰まったストーリーです。
ロケ地としてお店などの撮影場所の交渉を行った豊里町の制作委員長 佐々木さんは、大阪から来た撮影隊の胃袋を美味しい豊里の味でいっぱいにしました。撮影隊はその人の温かさや支えがあって映画が完成したと感謝しています。

現在映画「ひとりじゃない」は、希望者に無料で貸し出しを行っています。上映時間は40分。
お問い合わせは、豊里公民館(0225-76-2237)までご連絡ください。

11月26日(月)放送

気仙沼市 地福寺 片山秀光さん取材リポート
古野真也アナウンサー取材リポート

般若心経をジャズ風にアレンジして音楽説法を唱える気仙沼市の地福寺の住職片山秀光さんを取材しました。
「カッサパ」という震災を伝える音楽説法グループのボーカルを務めている片山さんは、ふるさとの人々を励まし、被災された人たちを慈しんで一日も早い復興をという思いを胸に活動しています。
震災当時、片山和尚は向洋高校に一時避難し、その後、家族とともに階上中学校へ避難。震災から2日後に地福寺に戻りましたが、岩井崎から約1キロ離れた場所にあった寺は全壊していました。寺があった階上地域の住民1,456人のうち178人が亡くなり檀家さんも151名が亡くなりました。そこで片山和尚は、亡くなった人の話を聞くたびに地震の果たす役割を考えるようになりました。
自身が被災者だったからこそ、震災直後はまず死者のもとへお経を唱えに行き毎朝その日の火葬の場所や時間を確認して手を合わせに行きました。遺体は安置所からあふれるほどあり、壮絶な光景だったといいます。知福寺の復旧に関しては遺骨を置ける場所を、とお願いしてボランティアの方々に整備してもらい、震災後4日後から復旧に取り掛かりました。
以前は、仏教の教えを説くための活動でしたが、現在は被災地の現実を語り歌う「語り部」として再結成、多くの人に東日本大震災を伝えるため、日本各地、海外ではサンフランシスコ、ハワイの団体にも声を掛けられて「めげない・にげない・くじけない」を様々な地域に出向いて伝えています。現在、健康上の理由で活動を休止していますが、「気仙沼で生きる」ということを、亡くなった方の思いを伝えることを使命として活動再開に向けて過ごしています。カッサパの「陽はまた昇る」という曲は、気仙沼の人たちは「海に生かされている」ということを伝え、音楽にのせて応援していきたいという証でもあります。