Archive for ラジオカー

7月2日(月)放送

仙台市防災運動会 今村文彦教授
後藤 舜アナウンサー取材リポート

先月23日にを宮城教育大付属特別支援学校で行われた防災運動会(みやぎ防災・減災円卓会議主催)は、防災意識を高め、防災啓発の強化を目指した取り組みです。災害発生時に役立つ競技が数多くあり、競技のなかには新潟県中越地震で4人が亡くなったことを教訓に生まれた「ぐるぐる体操」(エコノミー症候群を予防する体操)や「減災○×クイズ」、「災害時借り物競走」、そして車いす利用者との避難を体験する「車いす避難リレー」などのメニューがありました。参加者は体を動かしながら防災を学ぶ、また災害時に何が必要か考えながら行動するなどで、「瞬時の判断」の大事さを再度確認したようです。
東北大災害科学国際研究所の今村文彦所長(円卓会議世話人)は、「焦らず落ち着いて行動をすることの大切さ、体の不自由な方への配慮・声がけなどを競技から学ぶ、理解を深めてほしい」とあいさつしました。また「防災運動会は楽しく学べる機会で、小学校3年生から高齢者まで幅広く、体を動かしながら学ぶことができ、町内会などで取り入れ継続することが必要」だとも話してくれました。

菖蒲田浜YARN ALIVE テディ・サーカさん
林 朝子アナウンサー取材リポート

テディさんは40年前に宣教師の夫と当時1歳だった息子さんとアメリカから来日、その後七ヶ浜の魅力に惹かれ、11年前に引っ越ししてきました。「YARN ALIVE」は「毛糸で生き生き」という意味を持ちます。編み物教室を通して被災した人々のコミュニティつくりを、と2週に1度編み物教室を現在も続けています。
震災時、自宅は被災を免れたものの、電気も水も通らない中降った雪を水にして利用し、生活を続けてきました。阪神淡路大震災の時に、高齢のおばあちゃんたちが何人も自殺したことを聴き、祖国へ戻らずに七ヶ浜で大好きな得意な編み物でみんなと親交を深めました。
「誰かのために、の心がみんなを支えていた」と振り返るテディさん。2015年には仮設住宅をでてバラバラになった人々が集まれるようにと「YARN ALIVE」を建設しました。この建物・活動は世界中の人たちの力を借りて成り立ち、今も継続しています。
七ヶ浜のおばあちゃんたちと作ったブランケットは、海外、例えばシリア難民の方々に贈ったこともありました。「これからも誰かのために」この活動は今後も続いていきます。

11月13日(月)放送

名取市愛島 プレワーカーズ須永 力さん
伊藤晋平アナウンサー取材

今回話を伺ったのは、一般社団法人プレワーカーズの代表 須永力(つとむ)さんです。須永さんは25年以上子供に遊びを提供するプレワーカーを務めています。プレワーカーズは震災以降被災した各地で、遊びを提供する活動をしていましたが、今年の7月に須永さんは名取市愛島に子どもたちに遊びを提供する拠点を作りました。名前は「○○(まるまる)」で、お庭と縁側のある家です、その施設の中ではゲーム機ではなく野球盤や自分たちで木を切って作ったオリジナルのおもちゃがありました。
「ぶんちゃ」と生徒から慕われる須永さんは、震災当時は静岡にいましたがその仕事の区切りをつけて被災地に入り、子供たちに遊びを提供しようとプレーカーという車に道具を積み込んで各地に出向きます。子どもたちは震災直後は荒っぽく、激しい喧嘩も良くありました、何かを壊してストレスを解消しているようでした。その後は、だんだん落ち着きを取り戻してきましたがそれは、子供たちのやり場のない気持ちの現われだったのかもしれません。本当に深く心に傷を負った子供たちは、その遊び場にさえもでてこれない状況でした。須永さんはそんなみんなが、遊び場に出てこられるまでやり続けたいと話します。
出張で、よそ者として遊びを提供してきた須永さんは、今回名取市に腰を据えて市民としても生活しています。よそ者ではなく、地域の人間として周囲の方々と協力して、楽しく今後も活動を続けていきたいと話してくれました。各地域、各学校のそばに1軒「○○」のような施設ができることを強く願います。

女川あがいんステーションスタッフ 阿部真知子さん
電話インタビュー

9月の初めに、女川駅前に「女川交番」ができました、仮設だった銀行や郵便局などが本設として新たなスタートをきりました。最近は、宿泊施設のトレーラーハウスが周囲に建ち、女川の夜もにぎわってきています。ゆっくり宿泊して夜の街を探検するのも面白いですよ。今なら女川のさんまも食べられますので、それも楽しみにお越しください。
また、浦宿浜の仮設商店街「きぼうのかね商店街」が9月30日で営業を終え、2,3店舗が新たな仮設店舗で営業再開、その反面これを機にお店を閉めたお店もあります。災害公営住宅も85%ほどが完成し、平成30年3月には、集合や戸建てを含めすべてが完成する予定です。また、女川駅庁舎も役場が来年9月完成予定で建設されています。

10月30日(月)放送

石巻市 一般社団法人石巻じちれん増田 敬会長
伊藤晋平アナウンサーリポート取材

石巻市にある石巻じちれんは、集約が始まっている仮設住宅の集約をする団体で「町内会」の活動を活性化させる役割を担って、見守りあう形の街づくりを目指しています。お互いを見守るコミュニティは、仮設から仮設へ移動してきた人たちとの人間関係を深め、復興住宅に入れない、先の見えない生活を送っている人たちの悩みや自立再建の相談を行っています。
仮設住宅に住む方々の孤立の防止、移住してきた人たちとのコミュニティを保つため、「つながりお茶っこ会」を毎週1回開催し、サポートメンバーは復興住宅へ転居したい人や仮設団地自治会役員が多くいます。
増田さんは、夏におまつりをしたいと、新蛇田1号公園にて新蛇田盆踊り大会を行いました。交流には子どもから大人まで参加し、とても楽しめたようです。今後も数多くのサークルをさらに増やし、もっともっと参加できるきっかけを増やしたいと話してくれました。

防災タウンページ仙台版について
NTTタウンページ石井 真さん

”いざ”というときに生き延びるために作成された情報冊子「仙台防災タウンページ」は、緊急連絡先メモや災害情報の入手方法、避難の手引きといった防災記事や、災害時に役立つ公衆電話の設置場所や避難場所、避難所のハザード情報を仙台市のマップ内に表示し、日々の備えから災害発生時に活用できる構成となっています。
仙台市内の全住戸、全事業所を対象にタウンページと一緒にビニール袋で包装して先月9月に68万部を発行しています。表紙には震災時の画像をバックに仙台の防災タウンページであることを大きく記載してあります。防災タウンページの特徴は見やすく、使いやすい作りとなっていて、「防災まさむね君」「タウンページ君」のキャラクターが案内する幅広い世代の方に迅速な行動がとれるようになっています。
仙台市にお住まいの方で、手元にない場合はタウンページセンター、0120-506309までご連絡ください。

10月23日(月)放送

亘理町農業法人グリーンキューブ(株) 高橋久志さん
佐々木淳吾アナウンサー取材リポート

亘理のイメージは、というとイチゴ、あと何かありますか?と話す高橋さんは、現在亘理町で農業法人グリーンキューブ(株)を経営しています。震災で農家をやめる人がいる中、イチゴ農家からコメ農家に舵を切り、除塩した田んぼで震災後翌年からコメをつくりを再開しました。農業を続けるなら規模を大きくしようと農業法人を設立し、ニンニクまで手を広げます。
ニンニクは中国の自国消費が多くなり、輸出される量が減少してきました。ここ1~2年で新潟、栃木でも栽培が盛んになり亘理町の気候にあっていることから栽培を始めましたが、栽培しはじめると土壌改良や水分補給が大変なことがわかります。
しかし、もうからないといわれている畑で、高値取引が期待できるニンニクに、今後の期待が高くなります。ゆくゆくは、亘理町と言ったら「イチゴ」「ニンニク」といわれるまでに成長させたいと話します。
そして今は「田んぼ」需要の多さと「畑」需要の低さの差に頭を悩ませますが、利用していない畑をなんとかアイディア勝負で活用させていきたいと願っています。家庭菜園でも、週末菜園でもきっかけにはこだわらず、亘理町の空いている畑を何とかしようと知恵を絞ります。最終的には、亘理町のあまっている農地をみんなに使ってもらい、たくさんの人が町に来るような仕組みづくりをしたいと思っています。「農業には十分な将来性がある」、このチャレンジ精神にあふれる高橋さんの今後が楽しみです。


多賀城市 とんかつとんちん館 桜井一欽さん
伊藤晋平アナウンサー取材リポート

震災から6年半が経過し、今も多賀城でとんかつ屋を営む桜井さんは、多賀城の出身で震災後もお店を再開し多賀城の街に賑わいを取り戻したいと一生懸命考え行動されている方です。震災当時は他のお店よりも再開が早かったとはいえいつも不安を抱えながら仕事をしていたそうです。周囲のお店が震災前の通りにまた再開してくれるという希望を持ちながらの経営です。
自分自身のお店が軌道にのってはいるものの、多賀城市内の賑わいは果たしてどうなのか、現状に疑問を感じた日もあったそうです。
街は時間の経過とともに復興していきましたが、震災を伝えていく必要性も感じています。生まれ育った多賀城の街にいつ賑わいが戻るのか、一度足を運んでくれた人がもう一度来てもらえるようになるにはどうしたらよいのか、試行錯誤していますが、思いはひとつ「食べに来てくれた人が笑顔になれる場所に」その目標に向けて、今も多賀城で営業を続けます。

10月9日(月)放送

石巻市アトリエらいおんどあ 宍戸紀彦さん
小笠原 遥アナウンサーリポート

大手菓子メーカーで、研究員としてお菓子の開発に携わっていた宍戸さんは、会社を退職後1998年に石巻市にお店をオープンしました。応援メッセージを刻印したクッキーやパウンドケーキなど、すべて手作りの商品を販売しています。東日本大震災では、店は被害を免れ10日後に営業を再開しました。
しかし、再開してからもその後も様々な苦労があったそうです。
震災後は、何か食べるものを提供したいと思っても、まず電気が復旧しませんでした。一番必要だったのは「主食」のため店を開けてもお菓子を求める人はいなく売り上げもお客さんも激減したことです。しかし、2011年5月から「被災地を応援したい」という方々の思い、相談を受けてから3年間継続して、避難所や幼稚園にパウンドケーキを届ける取り組みを行いました。当時は支援物資しかなく、届け先の子供たちに「お菓子だ!」と喜んでもらったのがとても印象的だったと話す宍戸さん。大手菓子メーカーでは、ヒット商品を開発してもこのように直接的な喜びを目の前で感じることができなかったため、人のためにそして人のために自分のお菓子作りが役に立ったことが大変うれしかったようです。
現在は、「アトリエらいおんどあ」ではお菓子教室も開いています。地元のコミュニティづくりにも一役かっていて、そしてその教室では”人が喜ぶお菓子作り”をする研究に余念がありません。これからも地域の人々から愛されるお店であり続けたいとお話しくださいました。

あとりえらいおんどあ
宮城県石巻市泉町1-5-3
TEL:0225-22-2135/FAX:0225-22-2135

ツールド東北 民泊提供者 東松島市 菅原かず子さん
伊藤晋平アナウンサーリポート

先月中旬に行われた、「ツールド東北」で菅原さんはご自宅の一角とご自身が営む農家レストランを民泊として提供しました。第1回大会から始めたこの民泊は、被災地の宿不足を解消するための取り組みで、参加者が少しでも石巻エリアに宿泊できるようにとはじまりました。震災後の”恩返し”から民泊をはじめた菅原さんは、2年ぶりにゲストを迎え入れたそうです。
自宅の部屋、農家レストランのこあがりなどを提供していますがこの場所は、みなし仮説としてお知り合いの家族に提供したことがあり、その時に居住空間としてリフォームを施していました。今も震災を経験した地元の方々が集う憩いの場となっています。
「みんなの憩いの場」は、県外から来たゲストを息子や娘のように迎える温かい場所でもあります。菅原さんの思いがあふれる、そしてゲスト同士もコミュニケーションが生まれる、思い出深い場所となったようです。
農家レストラン 和花の里
宮城県東松島市小松字明神下205-2
TEL 0225-83-2234